さらに攻撃的な戦術運営を通じて攻撃陣の雰囲気

202021シーズンスペインリーグ18ラウンド[4勝7分け7敗]の成績を記録しながらもう一度雰囲気を盛り上げる状況のバレンシア、果たしてオサスナを相手には違いをもう一度見せながら雰囲気を続けていけるかを見守るバレンシアとしては今度の試合守備的な試合運営よりは攻撃的にもっと良いプレーを見せてくれる試合という事実、シーズン序盤多少バレンシアは移籍選手たちの空席ともっと大きくなる。としては優位に立っていることを強調してくれるだけに、今回の試合でバレンシアが攻撃的により集中力のあるプレーを見せてくれることを期待したい。

我々が覚えているバレンシアの流れをどのように引き継ぐかを期待する試合、今回の試合で良いプレーを見せるためにはマクシゴメス-マヌバエホの攻撃陣が決定力を生かしながら李ガンインがどのように攻撃を解いてくれるか、バレンシアがオサスナを相手にはより攻撃的に集中力のあるプレーを見せてくれることができるという点を考慮することになるだけに、今回の試合のオサスプ-ウロは、さらに積極的なプレーにおいても、オサスナを相手に、さらに攻撃的に集中力のあるということに、オサスプ-。 バレンシアという事実から、今回の試合でも守備よりは攻撃で決定力が蘇ってほしい試合だ。

[遠征チーム] オ·サスナ。

202021シーズンスペインリーグ18ラウンド[3勝6分け9敗]の成績を記録しながらリーグ19位に位置しているオサスナが最近もあまりにも不振な競技力が続いているという事実を考慮してみるが、今回の試合バレンシアを相手にオサスナのもどかしい攻撃とともに、続く守備不安まで個人的にオサスナの良いプレーを期待するには簡単でない試合になるという事実、特にオサスナの良いプレーを強調することになるという事実、さらに、オサスナのシーズンでは、オサスナの良いプレーを期待している。 스포츠중계 今回の遠征試合でも良いプレーを期待するのは簡単ではないと思う。

次から次へと進む遠征試合でオサスナは、まだ爆発していない攻撃から変化をどのようにもたらすかが重要だと思うが、4-4-1-1フォーメーション戦術を持っている現状でオサスナがジョナサン·カレリの決定力がまだ生きていない点と、ルベン·ガルシア-ホーニー·ロドリゲス-ロベルトーレスの第2線でも攻撃的な展開過程そのものは良いが、チャンスへの集中力は依然としてある。という点で、オサスナが変化した姿を見せることは容易ではないという点を強調する。

1月22日 プレミアリーグ 05:00 [リバプールVSバーンリー]

[ホームチーム]リバプール

202021シーズンイングランドプレミアリーグ18ラウンド「9勝7分け2敗」の成績を記録しながら最近リーグ4位の座まで落ちたリバプール、最近5試合で「1勝3分け1敗」の成績を記録して動揺しているリバプールは今回の試合バーンリーとの正面対決では雰囲気をどのように変えていけるかを見守る試合であるが、個人的にリバプールが最近になって攻撃的に不振な様子が続くだけに、さらに攻撃的な戦術運営を通じている。客観的な試合運営でも、リバプールがアンフィールドでよりバーンリーより優位を占めると見ているだけに、攻撃でどれほど助かってくれるかが勝敗を左右すると思う。

競技力には問題はないが決定力に対する問題点がずっと続いているリバプール、攻撃的には負傷者のいない状況でティアゴ·アルカンタラ-ジョルジオ·フェイナルダム-ジェルダン·シャキリー-ジェームズ·ミルナー-カーティス·ジョーンズらMF陣から試合を主導していくプレーを見せながら攻撃的に加担したりチャンスを作っていくのにあまりにも良いプレーを見せているという点を強調するようになるが、やや攻撃陣であるサディオ·マネ-ホビーを中心にしてくれるサディオ·マナ-ルージュを使うようになる。人的に攻撃で見せてくれる集中力そのものが最近揺れているだけに、今回の試合はリバプールの決定力が絶対的に重要な試合になるということを覚えておきたい。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다