必ず本人の名義でなければなりません。

サイコロローンをお探しの方は、普通第1金融圏のローンを受けにくい方たちですが。 サイコロ融資は、政府が庶民の経済活性化を目標に、銀行に対して行うように勧めた政策性融資です。 インターネットのサイト貸し出しを探してみるといろんな文が出ていますが、ほとんど実務的な内容がなく理論的な内容だけがあります。 そこで今日は、実際にサイコロ融資を受けながら経験した実務的な話を含めて、サイコロ融資の資格と条件を見ていく時間を持ちたいと思います。
サイコロ融資とは、

まずは軽くサイコロ融資が意味を調べることにしましょう。 サイコロ融資は、ご存知のように政府支援融資の一種で庶民向けの融資です。 中金利商品であり、第1金融圏銀行および第2金融貯蓄銀行にて貸し出しが可能です。
サイコロ1貸付は、第1金融圏の銀行(ウリィ銀行、国民銀行、新韓銀行など)で運営する貸付です。 3サイコロ2貸付あるいはサイコロ貸付2は、ノンバンクの貯蓄銀行が運営する貸付です。 両ローンの共通点はSGIソウル保証機関の保証書に基づいています。
また、貯蓄銀行のサイコロ融資2は標準型、ローン型、簡便小薬型に分類されます。 銀行を直接訪問して申請し、進行する貸出はサイコロ2は標準型に該当し、大患型は既存の高い金利の貸出を低い金利に転換する際に使用します。 簡単小額型は訪問なしに受けられる貸し出しです。
サイコロ融資資格 サイコロ融資資格

「理論的には、第1金融圏や第2金融圏はほとんど似ていますが、第1金融のほうがもっと難しいです。 ですが、第二金融貯蓄銀行は融資を受けられる確率が高く、通りやすいですが金利の方が高いです。 サイコロ融資を申請できる資格は、会社員と事業者に分かれます。
会社員、労働者のサイコロ融資資格を取得しました。
在職期間です。
会社員なら最低5ヶ月以上の在職期間が必要です。 第1金融圏はほぼ6ヶ月以上必要ですよ。 給与受領の記録や職場健康保険納入回数などを用いて算定されます。
信用格付けします。
貯蓄銀行のサイコロ2融資の融資対象は1~8等級と明示されましたが、現実的には6等級内になければ融資は承認されません。 7等級はカットラインに近接しており、可能性が少し曖昧です。
サイコロ融資資格 サイコロ融資資格

所得水準と既存債務です。
第1金融サイト融資を受けるためには最低2000万ウォンの年間所得が必要です。 ですが、ノンバンクのサイトウローン2は、1500万ウォン以上の年収であれば申請可能です。 しかし、本人所得に比べて既存の債務額が1.5倍以上なら普通貸付審査で否決されます。 「簡単に言うと、年間所得は2000万ウォンですが、既存の債務が3000万ウォンを超えると、融資を受けることが難しいです。
社会保険に加入しているかどうかです。
社会保険がなくてもサイドルローンは申請が可能です。 「しかし、所得証明書類や在職証明書類が必要ですが」。 社会保険に加入している場合は、所得証明書類、在職書類を用意しやすく進行が容易です。
逆に社会保険に加入していないと問題点が生じますが。 小さな店舗や小規模の零細事業所、小さな食堂だと証明書類を揃えにくいです。 社長たちが書類を発給してくれなかったり、銀行で必要な書類もさらに複雑になり、貸し出しの進行が遅くなります。 4大保険に入っていなくても、全書類が 폰테크 揃えればサイコロ融資を受けられます。
事業者、自営業者のサイコロ融資資格事業者、自営業者のサイコロ融資資格者です。
事業期間です。
6ヶ月以上の営業期間が必要です。
事業所得と既存債務です。
800万ウォン以上の所得金額がなければなりませんが。 ここで注目すべき内容は事業者所得は付加価値税申告金額を言うものではありません。 たまに付加価値税申告金額から本人の事業所得を算定する場合がありますが、既存の債務は事業場の業種や規模によって差がありますが、2~3000万ウォン以上を越えない場合は申請が可能です。
事業所得を証明する方法です。
所得金額証明書に書かれた金額が事業所得です。 なお、所得金額証明員は総合所得税申告(5月)後ホームタックスで発給できます。 しかし、事業期間が1年未満だと所得金額証明書がもらえないのですが。 このような場合、事業期間中、国民年金や地域医療保険料の納付記録を利用して年間所得を推測します。 重要な点は、納付内訳は必ず本人の名義でなければならない。
無店舗事業も可能ですか。
残念ながら無店舗事業者の場合はサイコロ融資の承認をほとんど受けられません。 現実的には否決されるケースがほとんどです。 もしフリーランスのように、無店舗で運営している場合は、フリーランスのローンを調べてみてください。
サイコロ融資条件(金利、限度) サイコロ融資条件(金利、限度)

サイコロ融資は、元金分割返済方式で、融資期間は1年から最大5年までです。 金利は1金融、2金融によって違いますが。 第一金融は審査が難しいが金利は10%以下で出るのに対し、第二金融は審査がいっそう簡単だが金利は15~17%程度です。 サイドル融資は基本的に重金利融資なので、第1金融一般融資のような低い金利では受けられません。
信用格付けが7等級以内でしたら、融資限度額はだいたい1500万ウォンまで可能です。 もし、1500万ウォン以上必要であれば、貯蓄銀行のサイトローンを承り、その銀行の同様に信用ローンをご利用いただけます。 これで2500万ウォンから最大4500万ウォンまで貸し出せます。 「限度面では、第1金融銀行より貯蓄銀行のサイコロ融資が有利な可能性もあります。

에 발행했습니다
Uncategorized(으)로 분류되었습니다

댓글 남기기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다