預金の種類によって異なる限度が適用される場合があります。

今日は、水協銀行の追加貸付条件についてご紹介します。所得が一定水準と定められている一般の方は、結婚したり、引越ししたりなど、多くのお金が必要な時、貸付を利用してソリューションを得る場合が多いです。


ローンといえば、否定的な単語と思われる方もいるでしょうが、細かく調べて返済計画を立ててからローンを利用すれば、必要な目的によってはスマートに使うことができます。 借りたり、貯めたりしたお金では金額を満たせない分だけ融資を受けることができ、期間をかけて返済していくことができるからです。

また、最近は融資の利子が高い方ではなく、むしろ低い方に属するため、利子を納める負担も軽減し、融資を受けて利用することができますが、すでに融資を受けておいたり、期待出資であれば、追加融資を受けることも容易ではありません。


以前受けておいた融資限度枠では解決できなかったり、融資金を返済している状況で伝貰金あるいは生活費をもっと使わなければならない状況であれば、追加融資を調べざるを得ませんが、このような状況であれば、水協銀行への追加融資条件を確認した後、目的に合わせて活用してください。



追加融資を受ける場所をたくさん探してみられますが、融資があっても方法は限られています。 まず、내구제 期待出を申し込んだという条件より信用点数および年間所得の向上など経済的に良好な状況なので、可能性があります。


信用ローンはもちろん、担保ローンを組むこともできますが、住宅や自動車などを担保にして預金を担保に設定する方法もあります。 都市銀行券がだめな場合、個人名義で保険に加入した保険会社を通じて貸し出しを受けることができます。


第1金融圏のうち1ヵ所を紹介しますと、まさに水協銀行ですが、要求する条件を満たさないと受けられないのですが、貯蓄銀行や消費者金融から受け取るものに比べて信用に負担が少ない方法です。

この商品は、保証機関の保証書だけでは融資限度が足りない場合、最大30%まで追加信用融資を支援する商品で、個人融資ではなく、個人事業者、企業、事業者、事業資金として利用できます。


貸出限度は最大1億5千万ウォンで、信用格付けや保証比率によって、信用保証書担保貸出金額の30~10%以内です。 期間は1年以内で満期一時償還方式です。 金利は固定金利の場合、0.87%、変動金利は年0.9%~1.17%で、当該基準金利に加算金利、優遇金利を適用して算出されます。

次は、Sh生涯主取引通帳と連携した商品で、緊急に資金が必要な時に利用できるマイナス通帳方式の信用融資ですが、水協銀行への追加融資の条件としては、生涯主取引通帳加入者のうちクレジットカード1年以上の保有者としてCB6等級以上であり、口座移動制の顧客や主取引要件を満たす個人が対象となっています。


貸出限度額は最初3百万ウォンで、6ヵ月ごとに主取引条件を維持すれば1百万ウォンずつ増額することができ、最大500万ウォンまで利用できます。 利用期間は1年以内、最大3年まで可能で、随時償還貸し出し方式です。


金利は固定金利年0.87%、変動金利年0.9%~1.17%です。 貸付金額がいくらかによって限度は異なりますが、当該通帳を加入することで貸付条件を得ることができます。

預貯金担保融資は信用ではなく、担保融資商品を従来の信用融資の限度や在職有無、信用度とは別途に融資を受けることができるというメリットがありますが、水協銀行への追加融資の条件は、スヨプ銀行に本人名義の預貯金を加入した顧客でなければなりません。


譲渡性預金証書、表紙手形、満期日が過ぎた口座、質権設定、支払い停止、仮差押えなど事故登録されている口座は除外対象預金ですので、ご参考ください。


貸付限度額は当該預貯金納入額の95パーセントの範囲内ですが、最大50億ウォンとなります。 預金の種類によって異なる限度が適用される場合があります。 期間は担保提供された預金や積金の満期日以内で、金利ははい、積金金利+1.3%です。

에 발행했습니다
Uncategorized(으)로 분류되었습니다

댓글 남기기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다