大邱市内に位置するワインバーは駐車ができないのが一番の短所です。

プクソン路カフェとして知られる「ザ·ディッパー」が大邱(テグ)ワインバーに衣替えしました。 ほとんど東城路や大邱市内に位置するワインバーは、駐車できないのが最大の欠点でしたが、ダーディパーは駐車場だけで100坪を超えるため、そんな心配は無用な所の一つです。

最近のように午後10時には家に帰らなければならないので、夕方からワインまで一緒に解決できる大邱(テグ)の雰囲気の良い飲み屋を教えてほしいと言ったら、「ディッパー」を教えてくれる。 もっとディーパー?昼はカフェやベーカリーもそのまま販売、昼はお酒も飲める場所ですので、より魅力的です。 入口には様々なワインが並んでいます。


旧正月を迎え、ザ·ディッパーでワインも購入したり包装したりすることもできるのですが、軽くワインを飲みながら楽しめる場所が近くにできて嬉しいです。 大邱のワインバーは、照明とともに雰囲気を楽しむとより良いですが、おつまみ類もその雰囲気に一役買うべきです。 今回行ったザ·ディッパーは、本当にステーキ&トッポッキ&フルーツのおつまみ&ガンバスまで、何一つ欠けることがないほど平均これ以上の味なので、より良いところです。
どんなワインを飲もうかと思ったのですが、まずはスパークリングモスカートで白ワインを飲みました。 강남풀싸롱 口直しにもよく、かるく一杯で始めるにはこぎれいだからです。

女性のやっとのスパークリングモスカートは、ほとんどが甘さのため好き嫌いはほとんどありません。


ザ·ディッパーの入り口から始まるインテリアグッズは、自分で購入できる商品です。

ビション天地です!!! ザ·ディッパーのフォトゾーンは1つや2つではありませんが、ビションステージは見ただけで笑みがこぼれる場所の一つです。 この女性はすーっと入っていって、こうやって。 撮るものだ」と言って秘法を教えてくれる。

予約をしてから行ったところ、あらかじめセッティングされたテーブル! 私たちは4名で予約して、席もゆったり座れるように大きな椅子にセット! 周辺の方も2メートル以上は距離があるほど、大邱の雰囲気の良い居酒屋での基本的な距離取りマナーは合格です!
この照明、どうするんですか? 影も美しく落ちますしね。 秋の夕方の夜みたいな感じというか~ しかし暖かくてもっと気持ち良いこの雰囲気~茶色の感性によく似合って、いつもの夕方のんびり一人で飲むのも良い感じです。

グラスが2杯ずつセットされているので、どのように使うのかもわかりませんでしたが、小さくて狭いグラスがシャンパン用なので、軽いモスカかこれに注いで飲めばいいという事実!!!

フルーツチーズです。

フルーツチーズ、豚肉ステーキ、お菓子のおつまみです。

夕食食べずに行ったので、お腹がすいて基本のおつまみになることにしてご飯のお腹を満たすことも兼ねて豚肉ステーキを注文しました。 前もって注文すると時間に合わせて焼いてくれます。 ) 果物のおつまみの果物は本当に最上級の果物のみ構成されており、旬の果物であるイチゴと、マンゴートマト(社長がいちいち砂糖で注射をしたとおっしゃっている~ (笑)、そしてグリーンオリーブとともにバナナ、みかん、フルーツチーズなどチーズの各種種類だけで5~6種類を超えます。

さっと焼いたトマトの中のチーズまで、より上品に食べられたフルーツチーズのおつまみです。 リンゴとビスケットまでしっかり食べたチーム長、 おいしく召し上がってよかったです。

メインステーキです

わぁ!豚肉ステーキを食べて、 こんなにおいしく焼いたのにびっくりしました。 ザ·ディッパーがカフェーにさえなっていたら大変なことになるところでした。 大邱ワインバーをしてよかったと思うくらい、 おつまみがなんでこんなにおいしいんだろう?

ステーキは2つですが、温かいうちに切って食べますが、下味がこんなにおいしいとは。 柔らかくて油一つ噛まれる部分がなく肉だけあっても全然硬くないです。 不思議だね。内側まで焼けたのに バーのソクチョです!

ふしぎですね。そこそこのレストランで食べるステーキうらやましくないです。 にんにくの丸ごと一緒にソースをつけて食べたのでおいしかったですが、妻の頭の限界です。 ソースの名前が思い出せないです。

この方はモスカートの皆さんを待ちながら 僕たち二人ですぐに半瓶を空けたみたいです!

氷樽にどぶんと入っていてすっきり食べ続けられるメリット! そしてイケメンマネージャーの方たちが 分からなければ教えてくれますから。 開けるのに大変だった。
ワインを飲む時わざわざ知っているふりをするほど滑稽なことはないです。 テグのワインバーが遅れてきて今日ワイングラスをぶつける時は口の方でこうするのではなく、胴体だけぶつけるのが礼儀だと初めて習いました。 そしてその次からは胴体だけぶつかるんです。

ドディッパートッポッキを作った人は誰ですか?マネージャーさんにシェフ最高って言いました! 国民学校スープトッポッキが出ました。 出ました!スープとトッポッキの組み合わせ 最高です。 ステーキを食べて、果物を食べて、酒を食べて、お腹がいっぱいなのに、トッポッキまで頼んだと文句を言われそうになったんですが、みんな食べてみて胃を急いで空ける雰囲気~~


そのように一杯二杯飲んで、赤ワインにまた乗り換えたんです! ステーキを食べる時は赤ワインです!

軽い12度のものだからか、お酒が苦手な私にもよく合うワインだった。 ホワイトやレッドの順でしっかりと2~3時間、久しぶりに会った友達やお兄さんたちと楽しく続いたお話です!
誰と飲むかによってワインの価値が決まるという言葉に12000ウォンから始めて人競売が始まります

本当にお腹がいっぱいで笑ったようです。 未だに12000ウォンは記憶に残って脳裏に残ります。
最後までホリックになるガンバスは、口直しタイム! 社長チャンスでガンバスサービスまで!!!

レシピも直接ザディッパーでセッティングし、大邱の雰囲気の良いバーに知人をいつでも連れて、お連れしてもおつまみから雰囲気にワインの美味しい店まで全てこなす所に変わり、おすすめしたいところです。
様々なワインを味わい、雰囲気まで存分に酔えた場所~午後10時制限が解けたら、もう一度団結しましょう!!! オフラインの集まりではプライベートな話が行き来することが多いため、この日もどれだけ多くの生活の中で充実した情報を得ているのか、友達ですサンキュー!! たくさん会いましょう!!! また会いましょう!

에 발행했습니다
Uncategorized(으)로 분류되었습니다

댓글 남기기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다